誰も教えてくれない真実|ビオメディが合わないのはこんな人

人気の常在菌スキンケアのビオメディは、1本で化粧水や美容液、乳液などの効果を発揮するオールインワンです。

しかし、インターネットでビオメディを検索すると「合わない」という言葉も出てきますね。

しかも検索結果にあるサイトを見ると

  • 好転反応だから大丈夫
  • 低刺激だから誰でも使える

といったような、テキトーな記事も目にします。

人の肌の状態はそれぞれなので、どんな人にでも合う化粧品なんて存在しないのに、こんな意見ばっかり目にするのはおかしいですよね。

そこでこの記事では、ビオメディが合わない人はどんな人なのかをしっかりと見ていきたいと思います。

 

ビオメディが合わない人一覧

ビオメディの成分を見ていくと、ビオメディが合わない人は以下のような人が考えられます。

  • ビタミンCが肌に合わない方
  • アレルギー体質の方

詳しく説明していきたいと思います。

 

ビタミンCが肌に合わない人ってどういう事?

ビオメディにはビタミンC誘導体という成分が配合されています。

ビタミンC誘導体は以下のような効果があるとされています。

ビタミンC誘導体は美容効果が高い成分とされていますが、肌に合わない方がごく一部いらっしゃいます。

もし肌が合わない人がビタミンC誘導体を肌に塗るとピリピリとした感覚を覚えるんですね。

しかしこのビタミンC誘導体は非常に嬉しい効果を発揮している成分です。

  • アンチエイジング効果
  • シミやくすみの予防
  • 美白効果
  • ニキビ予防

このように美容効果が高い成分として知られています。

よって最近の化粧品にはほとんどの商品に配合されています。

もしビタミンC誘導体配合の化粧品で肌に合わなかった事があれば、ビオメディが合わないと言えるでしょう。

 

アレルギーで肌に合わないってとういう事?

何かしらの食物アレルギーや花粉症などで悩んでいる方は、スキンケアを選ぶときも成分をしっかり見た方が良いでしょう。

ビオメディは天然成分がたっぷりで肌に優しい処方になっていますが、天然成分だからと言ってアレルギーにかからないという事はありません。

もし今までスキンケアで何かしらのアレルギー反応が出た事のある方は、ビオメディでもアレルギー反応が出る可能性もゼロではありません。

これはもちろんビオメディに限った事ではありません。

どんなスキンケアでもアレルギー体質の方は必ずパッチテストをしてから使用するのが安全です。

 

肌に優しいのは間違いない

ここまでビオメディが肌に合わない人の特徴について見てきました。

実はこの2つはビオメディに限らずどんなスキンケアでも注意すべきポイントだったりもします。

万人に会うスキンケアは無いですからね。

ただし、ビオメディの成分は基本的に肌に優しく、低刺激な処方となっていますので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使う事ができます。

市販の化粧品と比べても、肌の事をしっかりと考えられた処方になっていますので、ビオメディが合わない人の条件に当てはまっていなければ、おすすめ出来るスキンケアという事になります。

 

まとめ

ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

ビオメディが合わない方

  • ビタミンC誘導体でトラブルが出た事のある方
  • アレルギー体質で、化粧品でアレルギー反応が出た事のある方

 

逆に以下のような方は安心してビオメディを使う事ができます。

ビオメディがおすすめできる方

  • 乾燥肌・敏感肌で悩んでいる方
  • 刺激の少ないスキンケアが欲しい方
  • オールインワンのスキンケアが欲しい方
  • ニキビで悩んでいる方
  • アトピーで悩んでいる方
  • 美容成分がたっぷり入ったスキンケアが欲しい方
  • 見た目もカワイイスキンケアを探している方

 

多くの女性にとって、ビオメディはおすすめできるスキンケアになりますので、ご安心ください。